〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪288-9(小田原駅西口から徒歩15分)

ご相談受付中
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

0465-34-7333

法定相続人と法定相続割合

民法に定められている相続人を法定相続人、法定相続人が相続する財産の割合を法定相続割合といいます。相続税の計算において法定相続人の数と法定相続割合を用いますので、これらに対する理解は必要不可欠となります。 

法定相続人とは、被相続人の財産を相続する権利のある者であり、配偶者・子及びその代襲者(孫及び曾孫)・直系尊属(親)・兄弟姉妹及びその子になります。また、相続の順位が定められており、配偶者は常に相続人、第1順位が子及びその代襲者(孫及び曾孫)、第2順位が直系尊属(親)、第3順位が兄弟姉妹及びその子となります。この順位の考え方は、例えば配偶者と子がいる場合には配偶者と第1順位の子が法定相続人になりますが、子がいない場合には配偶者と第2順位の親が法定相続人になり、子も親もいない場合には配偶者と第3順位の兄弟姉妹が法定相続人になるという考え方です。

次に代襲相続について説明します。代襲相続とは、本来相続人となるべき者が被相続人の死亡前に死亡その他の理由により相続権を失っているとき、その直系卑属がその者と同一順位で相続人になることです。例えば、被相続人・子・孫がいる場合に本来は子が相続人になりますが、被相続人が死亡した時点ですでに子が死亡している場合には子に代わって孫が相続人になるということです。代襲相続は直系卑属(子)については孫もしくは曾孫、兄弟姉妹についてはその子まで認められています。

相続人の範囲と相続人となる順位を表にすると下表のとおりです。

法定相続割合とは、相続人が数人あって共同相続となる場合の各相続人の相続すべき割合のことです。法定相続割合は積極財産(資産)の取得割合となるだけでなく、消極財産(債務)の分担割合にもなります。法定相続割合は相続人の構成によって下表のようになります。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0465-34-7333

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。