〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪288-9(小田原駅西口から徒歩15分)

ご相談受付中
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

0465-34-7333

死亡退職金と死亡保険金の非課税枠

死亡退職金(被相続人の死亡に伴い支給される退職金)と死亡保険金(被相続人が契約者(保険料負担者)・被保険者であり、受取人が相続人である生命保険金など)は本来の相続財産ではありませんが、相続税法においては「相続財産とみなす」ものとされ相続税の課税対象になります。この死亡退職金と死亡保険金は一定の金額が非課税となりその非課税限度額はそれぞれ

  法定相続人の数 × 500万円

です。つまり、全相続人が受け取った死亡退職金もしくは死亡保険金から非課限度額を差し引いた残額に対して相続税が課税されるということです。なお、ここでいう法定相続人の数とは相続放棄した者があってもその放棄がなかったものとした場合の人数です。また、相続放棄した者、相続権を失った者、遺贈により取得した者が受け取った死亡退職金や生命保険金には非課税金額はありませんので注意が必要です。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0465-34-7333

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。