〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪288-9(小田原駅西口から徒歩15分)

ご相談受付中
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

0465-34-7333

総合課税と分離課税

所得税の課税の方法は総合課税と分離課税に区分され、分離課税はさらに申告分離課税と源泉分離課税に区分されます。

総合課税とは原則的な課税方法で、所得区分ごとに所得金額を計算した後それらを合算した総所得金額を算出し、これに超過累進税率を適用して所得税を計算する方法です。したがって、総所得金額が大きいほど高い税率が適用されます。

一方、分離課税とは一部の所得について総合課税の対象となる所得とは切り離して個別に税率を適用して所得税額を計算する方法です。分離課税のうち、確定申告により申告納税を行うものを申告分離課税といい、源泉徴収の対象となる収入であって源泉徴収によって納税が完了するものを源泉分離課税といいます。

申告分離課税の対象には退職所得、不動産の譲渡所得、株式等の譲渡所得などがあり、源泉分離課税の対象には国内預貯金の利息などがあります。

確定申告では、総合課税と申告分離課税による税額をそれぞれ算出し、それらを合算したものがその年の所得税額になります。 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0465-34-7333

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。